2022年9月14日 投稿者: STYLE LAB オフ

ジャッジ57号! 大谷 vs ジャッジ のMVP予想 が過熱!

NYY 7ー6 BOS(14日・ボストン)

この男もまた、新たな伝説を作るのだろうか…

試合開始前までですでにホームラン55本と、打ちに打ちまくっていたヤンキースのアーロン・ジャッジがこの試合でも見せてくれた。

2-3、1点ビハインドの場面で6回の先頭打者として登場したジャッジ。その刹那、初球のカーブを振りぬくと、逆方向に伸びた打球は右中間のブルペンへと飛び込む56号ソロ。敵地を大歓声に包みこんだ。しかし、本日のジャッジ劇場はこれだけでは終わらない。またもや1点ビハインドで迎えた8回、再び先頭打者となったジャッジは、甘く入ったスライダーを逃さない。なんと左手1本で左翼グリーンモンスターを越える同点ソロアーチ。これが伝説にまた一歩近づく第57号となった。

結局この日は4打数3安打2打点1四球、打率.310となった。

 

こうなると、当然話題に上がるのが、エンゼルスの大谷翔平投手とのMVP争いだ。どちらも試合に出るたびに伝説に近づいて、いや伝説そのものとなりつつある中、その両者の評価の高さからMVP論争は激化している。今日の試合でシーズン65発ペースとな、ロジャー・マリスが打ち立てたリーグ記録の61本まで、あと4本とせまるジャッジ。片やベーブルースの再来と言われ、試合にでるたびに何かしら記録を打ち立てている状態の大谷。どちらも球史に名を残すようなシーズンを送っており、米大手放送局「FOX」に至っては「オオタニの類稀なる成功を正当に称えながら、他の選手の爆発にも協力するような長期的な解決策については熟慮の価値がある」とし、年間最高打者を称える「プラチナム・スラッガー」という賞を新設すべきと提案したのだ。

どちらがMVPになったとしても、両者が偉大な選手であることには変わりない。果たして、2022年シーズンMVPはどちらの手に渡るのだろうか…。