バイオリスク対策研究所は、人に無害で、地球を汚染させない洗浄・衛生環境の構築を追及します。

大腸菌にはご注意!~O-157とは?~

こんにちは!
今日はぽかぽか陽気で、眠たくなる夕方です…
春めいた陽気は素晴らしいですね。

前回は「大腸菌感染症」についてお話ししました。
夏が近づくにつれて、注意しなければなりませんね。
今回は「大腸菌 O-157:H7感染症」についてお話ししていきましょう。


よく聞く「O-157」。
この感染症は、特定の菌株の大腸菌が毒素を作り出し、大腸に損傷を与え、重度の炎症(大腸炎)を引き起こすものです。
北米では、この菌が最も一般的ですが、その他にも100以上の菌株が存在していると言われています。
総称して、「腸管出血性大腸菌」と呼ばれています。

感染経路としては、
・汚染された牛ひき肉を十分に加熱せずに食べる。(最も一般的な原因)
・消化管に細菌を保持する動物をなでたり触ったりする。
・汚染水で洗う又は家畜肥料によって汚染されている食べ物を食べる。
・感染者の便により汚染されたプールで、十分に塩素処理されていない水を飲みこむ。
上記の通り、衛生環境が十分でなければ、大腸菌は容易に広がりやすい性質を持っています。

症状・特徴としては、
・3日程度で症状があらわれる。
・腹部の強いけいれん痛、水様性の下痢
 24時間以内に便に血液が混じることもある。(出血性大腸炎)
・1日のうちに何度も重度の腹痛、下痢が起こる。
・しばしば便意を感じながらも、排便できないことがある。
・発熱はしない
・感染は容易に広がるため、感染者を隔離入院させる必要がある。
 下痢は85%の患者で、通常1~8日以内で自然治癒する。

O-157であるかどうかにかかわらず、感染症は容易に感染が広がります。
常日頃の予防も大事ですが、発症してからの対応次第で、
症状を和らげることも可能です。
感染した場合は、早急に医療機関の受診をお勧めします。

消臭や除菌、花粉症・ハウスダスト症候群にも効果的なオールインワンAirは好評発売中です。
無料サンプルのご注文もお受けしております。
ご興味のある方はぜひ!
こちらをクリック

#花粉症
#大腸菌
#ハウスダスト症候群
#消臭
#除菌
#さくら
?Gg[???ubN}[N??